本文へスキップ

葵堂鍼灸院は受精・着床から無事な出産を目指します。

鍼灸と生殖との関わりHEADLINE

本来の能力を円滑に機能させる

初めて鍼や灸を知った方々の素朴な疑問として『鍼灸でどうやって妊娠と出産に導くのか』というものがあります。その答えとしては、やはり『気のおかげ』としか言いようがありません。実際の治療において鍼や灸は物質的な刺激ではありますが、その治療点は卵巣だったり子宮だったり精巣であるわけではありません。あくまでも体表に存在する『ツボ』に対しての鍼や灸の刺激です。そのツボに対しての刺激が結果として身体が本来有している能力を円滑に機能させる結果に繋がっていると考えます。もし(そのような事はないのですが)卵巣に対して直接的に鍼でチクチク刺激した場合に良い排卵が行われるのであれば治療は大変簡単(このような事は危険であり行いません)で、どなたにも機械的にその作業を繰り返すのみになります。ところが鍼灸治療では卵巣や子宮とはまったく距離の離れた手足に鍼や灸を施し、また10人の妊娠希望の方がいれば10通りの治療法があります。これは治療する時点でその方独特の『気』の『偏り』を判別し、正す作業が鍼灸治療であるからです。『気』の偏りが少なく、潤滑に流れている状態であれば身体の持つ機能や能力が最大限発揮される東洋医学の世界において妊娠や出産も例外ではありません。普段の食事や生活リズム、身体の酷使など『気』を偏らせる原因は現代の日本においては大変身近な日常に存在しています。それら偏りの原因を長期にわたり少しずつ重ねて行った結果が現在の体調の不具合です。本来そこを改善して行く事が出来るのは日常における自力での生活改善努力の継続なのですが、それを強力に後押し出来るのが鍼灸治療であると考えています。
鍼灸治療をすれば「黄体ホルモンが安定した」や「hCGが増えた」等の事は鍼灸治療の効果効能としては言えません。結果としてそのような状態になる事があるかもしれませんが、それは鍼灸の目指す本質ではないのです。あくまでも妊娠・出産という行為全体が無事に円滑に行われる事を目的としています。ホルモン値等の細かい事は無視できる事ではありませんが、あまりにそこばかりを見つめても「木を見て森を見ず」に成りえます。ですので鍼灸治療は悪く言えばアバウトですが、良く言えば包括的な治療と言い換える事も出来ると考えています。


どのステージにおいても出来る事がある
自然妊娠をすることが出来れば心身の負担も少なくとても素晴らしい事ですが鍼灸治療が目指すものは自然妊娠だけなどという事はありません。病院において人工授精、体外受精を行っている方々にも鍼灸が役立つ事があると考えています。
それは採卵・採精前後・移植前の体調管理も含めて鍼灸治療には出来る事があると考えています。妊娠出産についてはその性質上時間との戦いという側面もあります。卵管が完全に癒着している、または手術で摘出した場合などで自然妊娠に挑戦するのは事実上困難です。そのような場合や何も検査などで問題のない場合でも自然妊娠に長期間行き着かない場合などは病院での受診をお薦めする場合もあります。また病院での治療を一通り経てきた方が鍼灸治療で自然妊娠に挑むような場合も多くありますが、これもまた病院とは視点の違う試みであって意義のある事だと考えています。
鍼灸は器質的な改善よりも機能的な改善が得意であると考えています。何を行うにしてもより良い体調で妊娠に挑まれる手助けの可能性が鍼灸にはあると考えています。







ONTACT US